カウンセラーになる

人の悩みを聞くカウンセリングの技術は、心理カウンセラーになるには必ず必要なことです。心理カウンセラーになるには心理学や精神医学、カウンセリング理論など学ぶべきことがたくさんあります。

 Read More

不動産を調べる仕事

土地家屋調査士とはどんな職業か

土地家屋調査士とは土地の測量や表示に関する登記を行う専門家のことをいい、ここでいう表示というのは、建物の外観や状態を示した図面を含む登記のことをいいます。仕事の依頼を受けた土地家屋調査士は、不動産(土地や建物など)がどこで、どんな風な形でもってあって、どのような目的で利用されているかを調査します。また、土地家屋調査士の仕事で不動産の表示に関する登記の代行業務というのも重要な仕事の一つでもあります。これはその名の通り国家資格を有さない依頼者に代わって業務を行うものです。 その他では土地の境界トラブルで民事訴訟などが起きた場合に、解決にあたっての手続きの代理や、依頼人からさまざまな相談を受けたりすることなどがあります。

国家資格を得るにはどうするか

土地家屋調査士になるには、国家試験に合格して、土地家屋調査士会の名簿に登録する必要があります。試験は学歴やその他の資格などは不問で、基本的に誰でも受験することが可能です。しかし、その難易度は合格率が10%前後と、他の士業に比べれば若干、低いと言えば低いですが、それでも生半可な気持ちではなく、心して臨まないと合格は極めて難しいといえます。もし、独学での勉強に不安があるのなら、予備校での講義や通信講座などを受けるのもいいかもしれません。 それから、いざ合格したからといってすぐに独立して業務が行えるかといえばそうではなくて、不動産の登記や測量には専門的な知識がとうぜん必要ですから、名簿に登録後、土地家屋調査士事務所に就職し、実務経験をしながら、やがては独立というのが一般的です。千里の道も一歩からですね。

TOPICS

スクールで学ぶ

「土地家屋調査士になりたい」と考える方は、たくさんいます。資格を目指す人が増えたことから、専門的に学べるスクールも増えているのです。集中して学ぶことができるのでスクールは人気となっています。

 Read More

厳しい現状とは

心理カウンセラーとして必要な資格のなかには臨床心理士、認定心理士、産業カウンセラーと呼ばれる資格があります。世間で少しずつ知られるようになってきているこれらの資格は、活動の場が増えています。

 Read More